腰の痛みを和らげる腰痛対策マットレス〜現役整体師まっつんの日記

マットレスの固さについて

マットレスの質がどんな質で、どんな固さなのかが寝るときの寝心地よ良さに関係してくると思います。
ここでは、ベッド、簡易ベッド、布団、温泉施設のマットレスを比べてみたいと思います。

 

ベッドで良くあるマットレスは厚さや高さが15センチ以上あるものがほとんとで、弾力もあり、寝転がったときに柔らかくて安心して眠れます。個人差はあるとは思いますが、ベッドで寝る機会が多い人がほとんどだと思います。

 

マットレスの固さによっては腰痛になる危険性も大きいです。
簡易ベッドは、折り畳み式のベッドなどで、少し固い印象であったり、逆に綿が詰まっていないような感覚を覚えるので、ベッドで使うマットレスよりも寝心地な悪いと感じました。

 

逆に布団は、厚さは薄いですが、生地がしっかりしていたり、中身が詰まっているので、寝たときに背筋が伸びる感覚になります。
ご高齢の方は、布団のほうが腰が伸びて、腰に負担がないので良いと聞きました。

 

また、温泉施設などにある簡易的な布団、海外のチンチルバンで利用できる布団よりもうすく固いマットレスがあります。
始めて利用したときは、まるで床にそのまま寝てしまっているかと思うくらい、固くて居心地が悪いようにも思えましたが、
布団と同じように背骨や腰がその分引っ張られるので、ストレッチをしながら寝られるのが良いところでした。
また、薄くて固いマットレスで寝ると、ふかふかのベッドのマットレスなどで寝るよりも睡眠が浅くなることに気がつきました。
ロングスリーパーであったり、睡眠の長さを調節したいと思っている方や、ついいつも寝過ぎてしまうから早起きをしたい、と思っている方には、
生活習慣を見直すことに加えて、自分のマットレスを少し薄く、固くしてみるなどの工夫があると良いかもしれません。

 

そのようにマットレスを改善して、睡眠の質を変えた方が周りにたくさんいるので、睡眠で悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

ちなみに、マットレスなしで寝てしまうと全身が痛くて起きるのが大変なので、お気をつけください。